屋根裏害獣の脅威|私生活を脅かす害虫や害鳥問題|トコジラミ駆除は早急に依頼を

私生活を脅かす害虫や害鳥問題|トコジラミ駆除は早急に依頼を

作業員

屋根裏害獣の脅威

男の人

日本国内に生息している生き物の内、害獣として扱われるものは数多く存在します。その多くは農村部等で被害を発生させていましたが、近年では都市部においてもそういった被害が発生するようになったのです。都市部にて発生する害獣被害というのは、主に屋根裏への侵入だと言われています。屋根裏に侵入する害獣は屋根裏害獣と呼ばれており、その種類も多岐に渡ります。例えば、代表的な屋根裏害獣としてハクビシンやコウモリが挙げられるでしょう。ハクビシンはイタチのような容姿の動物で、鼻から額に掛けて白い線が伸びているといった特徴があります。この害獣は屋根裏に侵入した後、そのまま住み着いて最悪の場合、繁殖するのです。繁殖された際には、足音による騒音被害や糞尿による衛生被害、糞尿から発生するダニ・ノミによる害虫被害を受けることになるでしょう。コウモリもハクビシンと同様に、屋根裏で繁殖し騒音・糞害・害虫被害を引き起こします。ただし、コウモリが繁殖した際には、100匹以上になることもあるのです。

ハクビシンやコウモリといった屋根裏害獣による被害を受けているのであれば、早期に害獣駆除業者に連絡して退治してもらいましょう。もし、駆除対応が遅れた場合には、糞尿の重さによって天井板が抜け落ちる可能性があります。真実味に欠ける話かと思いますが、実際にそういったケースは珍しくないのです。上記で挙げた通り、コウモリに至っては100匹近くまで繁殖し住み着きます。その糞尿はもちろん屋根裏で行なわれ、それは日々積もっていくのです。それを考えると、天井板が抜け落ちるというのもあり得ないことではないでしょう。そういった被害が発生した場合、駆除費用よりも出費が大きくなるはずです。そのため、早期に駆除対応することが大切になります。